【一年の計は元旦にあり】2020年はこう生きるという目標について!!

今年もよろしくお願いします!
 
なんでもフレッシュな頭のうちに決めておくべきなので、今年の目標など書いていきます!
 
 

①早寝早起き

もうね、これにつきる。
てか、これ多分5年くらい目標にしてる。けど、できたことなし。
 
恥ずかしい話なのですが、わたし、定時の時間にほぼ会社に行けてなくて、大体毎日遅刻してるんですよね。あんまり何も言われない会社だからというのもあるんですけど、やっぱり気分悪いし、仕事って絶対朝の方が捗るから、なるだけ朝方にしたいんです!
対策のひとつとして「早寝(できれば23時、遅くとも24時には寝る)」をしたい。そして、しっかり寝るためには必ず夜お風呂に入っておくべきということまでは自覚している。のですが、私は怠惰な人間なので、化粧したまま寝落ちしてしまうことが本当に多く、仮に朝ちゃんと目覚ましの時間に起きたとしても、すっきり起きられず、モゴモゴしてるうちに遅刻…ということの連続。起きられてるのに会社に間に合ってない!これは由々しき次第です。社会人として終わっているのでは?!
仕事が終わって家に帰ってから「とりあえずベッドにごろん」してしまう問題の対策がわからない…ごろんしたらもう終わりじゃないですか?絶対寝る。そこから起き上がれるわけがない。この「とりあえずベッドにごろん」を辞められる方法をご存知の方がいましたらぜひ教えてください……!(必死)
 

②遅刻しない

早寝早起きとも繋がる話なんですが、わたし、いい年して遅刻魔がなおっておらず… そして、遅刻された相手がどれだけ嫌な気持ちにるかも十分わかっているんです。先日友達に1時間半も遅刻されてめちゃくちゃムカついたのですが、自分もよく遅刻するので怒るに怒れず。精神衛生によくない。
朝の予定に遅刻するだけでなく、普通に19時からの予定とかにも遅刻しちゃうのですが、ほんとになおしたい!5分前には到着していたい。もっと逆算して行動できる人になりたい。
対策として、まず、仕事終わりの約束はどんなに午後ひまそうでも19時からとかにせず、20時半スタートとかにする(経験上絶対間に合わないから)。
あと、予定の時間の30分前にそこの最寄り駅についている、というのはどうでしょうか?そして待ち時間暇にならないように動画か本を持ち歩く。こんな感じでやってみます。
 

③友達を大切にする

さっきから小学生のクラス目標みたいな小見出しが続いておりますが、これも2019年下半期に散々私を苦しめた問題で、アラサーになり、本当に友達が少なくなってきたというか…友達からLINEが返ってこなくなった!そして、今まで月一で遊んでいた大好きな友達からLINEがぱたりと途絶えてしまい、それがほんとうにつらくて、なんか気に触ることしちゃったんだろうな、でも何が?とグルグル考え、多分何かが引き金だったんだろうけど、ずっと細かいイライラが募ってたのかも…と思い、もしかして私はずっと人を大事にできてなかったんじゃないか、と思うに至ったのでした。
加えて2019下半期は実りのない婚活に身をやつしており、どんな話題にも「そうなんだ~」「すごいね~」と繰り返していたせいか話術が対自分比20%になってしまった。友達と会っても全然面白い話ができなくてつらい。こんな私と会ってくれる友達なんてどんどん減っていってしまうかも…
 
などなど、友達関連でネガティブな悩みがたくさん出てきたため、2020年は、数少ない友達を大切にする(約束に遅刻しない、を含む)ことを目標にしたいと思います。
加えて、友達が増えたらいいなあ、と思うけど、社会人になってから新しく友達作るのってほんとに難しいよねー。
 

④運動をする

2019年、日頃の運動不足による筋力のなさ・体の硬さがたたり、腰をやってしまいまして…
そこから筋トレやストレッチをしたかというと、していませんでして…
 
Amazonでヨガマット買ったのに、1回も広げてない……………
 

 パープル買った。質はよさげ(1回も使ってないけど)

 
今年こそは、もう少し体を動かしたいです。できれば週2回くらいはランニングか筋トレをしたいなと思ってるんですが… 漠然としすぎ…
で、でも初売りでランニングシューズを買ったんです!形から入るタイプ!
今年こそはヨガマットも活用したい。ここはもう少し考えてみます。でもあれこれ考えて何もしないくらいならとりあえずテキトーでもいいから動いてみたい…そんな1月。
 

⑤英語の勉強

今の会社をやめたら、次の会社に転職する前にワーホリ行きたいなぁ…ということを昨年からぼんやり考えており、かといって何も行動に移していないのだが、いつでも行動に移せるように英語の勉強はしておきたい。幸か不幸かいまの推しはイギリス人なので…こんなに好きなのにTwitterに何書いてるかもわからない…

 リアムさん英国CDセールス年間1位おめでとうございます!!

とはいえ私の英語力はほんとにダメダメで、書いちゃうけど去年ノリで受けたTOEICの点数440点だったんですよね。何もわからなくて当然すぎる… ということで、本腰入れてやらなければね… でも近々(きんきん)で必要ってわけじゃないと英語ってなかなか勉強しないですよね……
 

⑥体のメンテナンス

いくつか体の節々に気になるところが出てきており、整えたいなあと思っている部分を書いておきます。
 
・顎がずれてる
多分中学生くらいからずっと額関節症で、左右で口の形が違うんですよ!ずれているというか… 1年前の整形で目元の左右差はあまり目立たなくなりましたが(実は右の埋没がちょっとずれてしまい、手術直後の完璧な左右対称ではなくなったのだが、まあそれは置いといて)、いかんせん口元がずれずれにずれてる。多分私の顔を見てる人は気になると思うんですよねー。中学の部活卒業するときに後輩からの色紙に「口がずれてて可愛いです❤️」って書かれたことあるから多分本当にずれてるんでしょう。
コルギとかやってみたいなー、と思うし、同時にこれって医療の範囲なのでは?と思うので、口腔外科に行きたい。。
 
てか、武田真治もそもそも筋トレ始めたのは顎関節症を治したかったからって言ってたし、やっぱ筋トレ大事なのでは?!私の体、全体的にダルンダルンなのかもしれない… 引き締めないと…
 
 
・小顔になりたい
他撮りの写真見てびっくりするんですよね。顔の余白(?)でか!みたいな…
いまの9割くらいのサイズになりたい…
 
・親指の爪をきれいにしたい
爪を噛む癖があり、高校生のとき、噛みすぎて親指の爪を左右どっちも剥がしてしまったんです。その結果、綺麗に生えてこなくて、どっちの親指も爪がガタガタで… 可愛いソフトクリームとか買っても、親指がガタガタだからバエな写真を撮れない!
あと健康問題としても気になってる。日常生活を送る上でもちょっと気にはなるので、これは…皮膚科?かな?一度見てもらおうかなぁと思います。
 
・脱毛
全身脱毛があと2回分くらい残っているので、東京のサロンの予約の取れなさにも負けずに頑張って年内に終わりたい。なるべく土日を捧げましょう。
 

⑦ディズニーDXの有効活用

アベンジャーズ全部見たい!と思ってサブスクしてるのですが、7作品めくらいで止まっている。上半期くらいには見終わりたい…
そしてスターウォーズを1秒も観たことないんですが、Dヲタの友達から、ディズニーDX入ってるなら絶対観てと言われたので、これも観たいのであった。
 

⑧本を読む

仕事に関係する本、娯楽の本どっちも、週1冊くらいは読みたい。去年たぶんトータルで5冊くらいしか読んでない…
早速ですが今年は『屍人の殺人』を読んだよ。面白すぎて深夜に一気読みした。映画の評価微妙みたいですが、ちょっと映像で観てみたい… この予告編作った人は偉いと思う(ネタバレ0という意味で)
 
 

⑨ブログをもっと書く

わたしブログ書くの好きだし、日々生きてて「あ!これブログに書きたい!」って思うこともたくさんあるんですけど、去年は思ったことの多分1/5も書けなかった。単に忙しさが理由なんですけど…
「これ書きたい」と思ったものを抱えたまま時が過ぎていくのってモヤモヤするし、できれば書いてまとめたい!原因として、1つのテーマについてあれもこれも書きたいって思いすぎて、多分全部書こうとすると1万字くらいかかっちゃうから、書く前にやる気なくして挫折してるんだと思う。
対策として、基本的に2000字前後くらいで1記事にすることを目標にしたい。私の気持ち的にその方が軽く取り組めるというのもあるし、読む人も1万字の素人のブログなんて読みたくないだろ!
そういうことで、もっと細々とまとめていけたらと思います。自分がそのとき何を思っていたか、を後から読み返すのが面白くて好きなので、できれば週1くらいで書けたらいいな…
映画の感想を書きたいと思ったら、基本的には2回観たらもう書く、というスタンスにしたいと思います(去年アラジン好きすぎて絶対感想書きたかったけど、5回観てたらかなり時期が過ぎてしまった)。そのあと書きたいこと増えたら追記するか別記事で書く。
 
あと、ブログはPCで書きたいという気持ちが強すぎて、デスクに座る時間をまとまって作れる時間に書く、とすると、ほんとに全然書けない。ラフはスマホで書いて細かい調整だけPC、にした方がもしかしたらサクサク書けるかも。ということで今これもスマホのメモに打ってます。デメリットは仕事中も書いてしまうことです(働け)
 

QOLを上げる

現在私はすごくボロい家に住んでまして、自分の家のことをずっと「クソハウス」と呼んでいるのですが、年末年始に実家で1週間くらい過ごしたら東京暮らしのQOLの低さに気づいてしまったのと、「きのう何食べた?」お正月スペシャルを見て、「うお~~!上質な暮らしBLみたいな暮らしがしたい~~~!!」という欲求が爆発してしまったのであった。
ということで、引越しを検討中です!引越しできたら、今までは節約&貯金を最優先にひてきたけど、もう少しQOLを上げることを目標に、お金の使い方や日々の過ごし方を見直したい。これも引っ越したらもう少しちゃんと考えます。
 

⑪オリンピックを見る

私、去年、改元天皇即位という日本国民の大大大イベントにな~~~んにも参加しなかったんですが、こんな一生に一度あるかないかのタイミングで東京にいるんだから、沿道パレードとか見に行けばよかった!!!!!と今更ながら思い始めまして。
2020も一生に一度あるかないかイベント・東京オリンピックがありますので、その場の空気を感じられそうな何かがあれば頑張って足を運びたいと思います。チケットとか何も取れてないけど!!
いだてんを全部見た影響も大きい。1964よりすごい東京オリンピックなんてできんのか?という気持ちになっている。オリンピックに全然興味無かった私ですが、今年の開会式にインドネシアの選手が出てたらそれだけで絶対泣いちゃうと思う、それくらいいだてんは本当にすごかった… 東京オリンピック楽しみ……
 

⑫お笑いを見る

去年のM-1以降、お笑い芸人のひとたちってすごいなーって思ってるのと、最近日常生活にあまり笑いがなくつまらないので、お笑いをたくさん見たいなと思っています!おもしろい本とか漫画も読みたい。キレのある日本語に触れたい気持ちです。
 
自分が嫌われてると思ってる人へ (ヨシモトブックス)

自分が嫌われてると思ってる人へ (ヨシモトブックス)

 

 これめちゃくちゃ面白くて声出るくらい笑ったエッセイなんですけど、芸人さんの本をもっと読んでみたい。おすすめあったら教えてください。

 

⑬前向きになる

基本的にネガティブすぎて心身を病みがちなので、病みそうな内容についてはあまり考えない、あまり卑屈になりすぎない、悲観しすぎないということを気をつけたい。
「前向きになる」なんてありふれた言葉すぎるですが、去年は本当にこれで苦しかった。ネガティブすぎるというか「内観しすぎ」なんだと思う。自分のことを考えすぎ、自分のことを分析しすぎで過剰に傷ついてるの、あんま意味ないなあって思う…ときもある。思わない時もある。反省なくして成長はないからね。けどたまに「自分の何も認めてあげられないのはあなたの勝手やけど、それで他人からは承認されたいっていうのはわがまま」「よく気づくのは良いことかもしれないけど、このままだと一生何にも満足できないと思う」というようなことを人から言われ、図星だなあと思ってまた病んだ。このまま一生病んで暗いまま人生終えるのかもと思う1年だった。自分を好きになる練習をしましょう。
 
 
【その他 やりたい気持ちはあるけど多分上の目標を達成するのでいっぱいいっぱいだろうから、来年以降の目標にしようかな…と思うことについて】
・新聞を読む習慣をつける
・国内の世界遺産に全部行く
・婚活
 
 
以上です。
サイコーの1年にしていきましょう!!!
 
 
 
フォロー・読者登録お願いします!

ブルベ冬女 2019年美意識の総決算【#マイベストコスメ】

はい!今年のベスコスです!

f:id:chanaoi214:20191230020442j:plain

今年、色々コスメを試したっちゃ試した気もするんですが、も〜そんなに半年ごとにメイク用品を総入れ替えするような人生も送っていないもので、人のマイベスコス記事読むの好きなのに自分では全然書けない。でも、書きたいんだー!

その上実家に帰省してるので家にあるコスメを吟味して果たしてどれがベスコスかな?😊とか考える間もなく、果たして本当にこの手持ちが全部ベスコスなんか?という気にもなりますが、わざわざ選んで持ってきてるということは一軍コスメなんでしょう。ということで、今年よく使ったな〜、時間ないときはこのへんに手がのびたな〜、みたいなものたちをマイベストコスメ2019としてここに残しておきます。

 

  

ベースメイク部門

f:id:chanaoi214:20191230020610j:plain

ファンデーション:SHISEIDO シンクロスキン ラスティング リキッドファンデーション

brand.shiseido.co.jp

 2年前のベスコス記事でもファンデーションはこれを選んでいて、ようやく2本目を使い切りそうです。個人的には、”リキッドなのに軽い質感”(ほんとにさらっとしたテクスチャーなんです)がすっごく好きで、今まで持っていた、リキッドってべたつくし重くない?というイメージを変えてくれた思い出のファンデなのです。ただカバー力はそんなにないので、若い人向けかな?って気もします。いつまでこのファンデを好きでいれるだろうか…

 

下地:セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

無印良品 UVベースコントロールカラー・ブルーSPF50+・PA+++

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地 ライトブルー 単品 30ml

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地 ライトブルー 単品 30ml

  • 発売日: 2018/05/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

下地もずっとこの組み合わせ。変わったことといえばセザンヌは元々ピンク色の下地を使っていたのをブルーが出てからブルーに変えたことです。 たまに違う下地を使うとまあー顔がテカるので、いい下地なんだなとしみじみ思います。

プリマヴィスタから最強の下地が出ている噂を耳にするので気になってはいるんですが、セザンヌ600円だからな…あらがえないコスパ

 

パウダー:キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー 

 なんかこれもずっと使ってて2個目の底見えしてきました。けど最近の悩みはこれをはたくとかなりマット肌になるというか、化粧してまっせ感が出すぎるということなんです。というか私は「化粧してまっせ感」のあるメイクが好き(ナチュラルメイクが好きじゃない)はずなのに、こんなことが気になり始めたということは、よほど変な塗り方をしているのか… 来年はお粉も色々ジプシーしてみようかなあ、と思うなどしています。

 

ポイントメイク部門

f:id:chanaoi214:20191230022648j:plain

アイシャドウ:Colourpop / It's A Princess Thing

It's a Princess Thingcolourpop.com

休みの日のアイシャドウ大体これにしてぐりんぐりんに塗ってる。2列目と3列目のラメばっかり使ってます。決まった色ばっかり使ってるからもっと研究したいなー

今年の初めに書いた単体記事↓

aonticxx.hateblo.jp

 

アイライナー:UZU アイオープニングライナー 

 今年似たようなリキッドアイライナー色々使ったけど、結果として、UZUのアイライナーが一番にじまないな…と思う結果となった。描きやすいし文句ないです。

 

マスカラ:オペラ マイラッシュアドバンスト 

オペラ マイラッシュアドバンスト 単品 5g

オペラ マイラッシュアドバンスト 単品 5g

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 これは今年買って大当たりだったと思っている!ブラシが細くて、目の端や下まつげも塗りやすい。そしてバサバサになります。リムーバーとかなくてもちゃんと落ちるし、なかなかいいものに出会えた感!アットコスメ1位を信じて良かった。

 

チーク:NARS ブラッシュ4050

去年のスプリングコレクション。今までこういう淡い色のチーク使ったことなかったんだけど、つけてみたら、アイメイクとリップを濃くした私にはすごくちょうどよくて、顔にも血色感がぱっと出る感じで、すごくよかった。今までチークレスメイクが好きだったんだけど、これに出会ってから毎日塗ってる!

 

リップ:NARS ベルベットリップグライド2717

www.narscosmetics.jp

死ぬほど赤リップ持ってるんだけど、これが1番だなーって最近思ってます。すごく塗りやすくて、唇の内側の湿ってる部分まできれいに塗れるんだよねー。色味も絶妙で、赤は赤なんだけど、オシャレな色味というか…。語彙力…。

 

メイクツール部門

f:id:chanaoi214:20191230033437j:plain

スポンジ:エコツールズ トータルパーフェクティングブレンダー

リアルテクニクスラクルコンプレクションスポンジ

jp.iherb.com

jp.iherb.com

エコツールズのスポンジ好きすぎて友達にも配ってる。このスポンジと出会えてメイクの楽しさが変わったな〜、メイクって、コスメ選びとHowToだけが楽しいんじゃなくて、ツールという楽しさもあるって知れた!あとアイハーブでお買い物する楽しさも知れたので、出会えて良かった。

 

 

そんな感じだったかなー。来年はもうちょっとこまごまと購入品とかレビュー記事とかあげていけたらなと思っています、年末のベスコスまとめだけだと変化があまり感じられない!!

 

あんまりがらりと変わってないけど、2年前の記事はこちら(1年前は書いてない)。

aonticxx.hateblo.jp

 

 

今年使ったものはLIPSでコメントしてます!

lipscosme.com

Twitterはこちらから

twitter.com

【アイハーブ購入品】リピ買いスポンジとコットンとアイライナー

1年ぶりのアイハーーーーブ!!

f:id:chanaoi214:20191202020226j:plain

 

前に買ったスポンジ類が限界を迎えたので、ブラックフライデーを待てずにポチりました。でもブラックフライデーでも何か買いたい!おすすめあったら教えてください!

 

去年買ったもの。

aonticxx.hateblo.jp

 

今回の購入品はこちら。

f:id:chanaoi214:20191202020558j:plain

 

まず一番好きなスポンジ、エコツールズ!(緑のやつ)

jp.iherb.com

ふわふわで、平らな面が広くて、非常に使いやすい。ファンデ塗るときに使っています。リキッドもクッションもこれで塗ってる。ファンデが沈み過ぎないし、けど余分な分は吸い取ってくれてすごい、スポンジってものによってこんなに変わるんだなと感動したアイテム。まとめ買いしました。

 

あと、リアルテクニクスのスポンジ(オレンジ)。

jp.iherb.com

エコツールズの方が平らな面が広くて使いやすいと思ってるんですけど、スポンジの密度とかはこちらも素晴らしいです。下地塗る用に使っています。なんとなくだけどファンデと下地で違う色の方が間違えないような気がするから…(?)

 

ここからは初めて買ったやつです。

コットンがなくなりそうなので、前に買ったこちら(355円/80枚)をリピしようと思ったら、在庫切れしてまして!

jp.iherb.com

まだ在庫切れですね…

なのでサジェストに出てきたこちら(429円/70枚)を買ってみました。

jp.iherb.com

コスパは若干負けてるけどこんだけ安ければ十分でしょ!

並べるとこんな感じです。(写真下手すぎやけど撮りなおす気力がありません)

f:id:chanaoi214:20191202021919j:plain

f:id:chanaoi214:20191202021944j:plain

大きさはほぼ同じ。若干Organyc(左)の方が小さいかな…?でも触ったかんじもほぼ同じです。Organycの方が表面に少し凸凹があります。まだ使ってないんだけど悪くなさそう!

 

最後にチャレンジ品。elfのアイライナーを買ってみました!

f:id:chanaoi214:20191202022229j:plain

jp.iherb.com

ちょうどUZUのアイライナーを使いきりまして、UZUが完璧なのでリピっても良かったのですが、せっかくなので冒険してみようかと…。安かったし口コミも悪くなさそうだったので買ってみました。見た目はマッキーみたいで文房具感があります笑

 

f:id:chanaoi214:20191202022518j:plain

447円ですよ。安っ!UZUもプチプラだけどelfのお値段はその1/3以下。

使ってみた感想は80点!!筆の部分はコシがあってとても描きやすい。ペン先を使えば細く描けるし、太くも描ける。そして何もない日はにじまないんですけど、ただ、泣いたらにじむ!アナ雪2を観たあとにじんでたんですよねー…こすってもにじむ。

日常生活を送る上ではelfで何の問題もないと思いますけど、ノエル・ギャラガーとデートできるってなったらUZUのアイライナーを買ってから臨むと思います。

そう考えるとまじでUZUはどんだけにじまんのやという話になります。もうフローフシ飽きた!と思って定期的に違うアイライナーを買ってはみるんですけど、結果UZUの方がいいなってなる。浮気を繰り返すことで本命の良さがわかるみたいな。本当にこの世にはUZUを超えるアイライナーはないのでしょうか?

 

UZU(ウズ)アイオープニングライナー (Black)

UZU(ウズ)アイオープニングライナー (Black)

 

 

 

私のアイハーブ紹介コードはASB1914なので良かったら使ってください〜!

それではまた。

 

 

Twitterはこちら

twitter.com

LIPSはこちら(最近の使い切りコスメについてはこちらでどどんとコメントしております)

lipscosme.com

【LOFT購入品】プチプラコスメいろいろ

こんにちは。

 

今年はコスメ買わないぞ〜と心に誓い(なぜなら死ぬほどコスメを持っているから)、10月までやってきたというのに、髪色を青にしたら勢いがついてしまってLOFTでいろいろ買ってしまったーー!!

 

f:id:chanaoi214:20191023000259j:plain

 

はー楽しい。お買い物って楽しいね。

 

まずこちら。

Dr.ウィラード・ウォーター 70ml

f:id:chanaoi214:20191023001754j:plain

棺にコスメさんが愛用されている化粧水ということで…ヒツコスさんのブログに頻出するのでお名前は存じ上げていたものの、通販でしか売ってないのかあ〜と思っていたところ、LOFTに置いてあったのでお試しサイズ(70ml/1,200円)を買ってしもうた。出来心。

www.hitsugicosme.com

「ほぼ水」とおっしゃっているように、多分本当にほぼ水。他社の化粧品と比べたら味もしない!水!バシャバシャ顔にスプレーしてます(てかスプレータイプなんですね)。これだけでも良さそうは良さそうなんだけど、誰かがプレ化粧水としても使えるよ!と言っていた気もするので(ソース見つけられず)、これを吹きかけてからいつもの化粧水もつけている。色々しすぎかなあ?

私、スキンケアにとにかく金をかけていないのですが、少々高いものを使うとやっぱちがーう!となる、気が、する…。はしかたの1,210円の美白化粧水を使っているときとなんか違う気もする…。ハトムギ化粧水とは明確に違います。あんなもん化粧水って言ってるけど本当は米のとぎ汁だろ?(悪口)

 

あと、マスカラを2本。

ヒロインメイク ボリューム&カールマスカラ アドバンストフィルム

オペラ マイラッシュ アドバンスト 01 漆黒(マスカラ)

f:id:chanaoi214:20191023002956j:plain

マスカラ迷子なんです。

昨年秋に買ったフローフシのマスカラが、にじまないのはいいんだけど「ついてるか??」という仕上がりなのが気になってきてしまって。感覚的にまだ液は入っている気がするんですけど…。私はまつげがばさばさになる仕上がりが好きなので、ボリュームタイプのマスカラがほしいなあと思っていたところでした。

でもって、マスカラといえばヒロインメイクだろ!と思い、こちらをカゴへ。でもオペラの方が昨年の@cosme1位って書いてるから…うーん…どっちにしよ…と超悩み、何を思ったかどっちも買っていましたよねえー。なんで?

今見たらまだオペラが1位だった。ポイントそんなに高くないけど…どうなのかな?わくわく。

https://www.cosme.net/item/item_id/1021/ranking

まだ使えていないので、明日から使ってみてまたレビューしたいと思います。家にある大量の使えないマスカラたちをそろそろ断捨離しなくては。これもそのうち記事にしたいです。

 

そしてこれ。まじで買う予定なかったんですけどー!

B IDOL つやぷるリップ 04 ほっとかないでRED

f:id:chanaoi214:20191023003842j:plain

ちょっと前、すごい話題になっていたのは知ってた。ので、試しにつけてみたところ…めっちゃスースーする!!!笑 知らなかった。思わずその場で「アカリップ スースー」でぐぐりましたw

カラー展開もいろいろあり、アカリンさんのルックはどの色も似合ってたんですけど、私は赤を選んでみました。

f:id:chanaoi214:20191023004632j:plain

こんな色。ツヤツヤです。私最近、結局リップはツヤが可愛いという持論が固まってきつつあります。あんま持ってないんですよねツヤツヤリップ…ということで、お買い上げ(OPERAの赤持ってんだろ!という心の声は聞こえないことにしました)。

わたし、ここんとこしみじみ、「赤以外のリップが似合わないんじゃないか???」と思っているんです。悩んでいるわけではない…が…、「そんなことある??」とも思っている。自分のメイクが下手で、顔に映えるピンクやオレンジやヌードやプラムを使いこなせてないだけなのかもな〜と思う一方、なんか結局赤リップしてるときの顔が一番キマってる気がしてしまうんです。これはなぜ??私のパーソナルカラーと関係あったりするのか??これに関しては本当に客観的な意見を聞いてみたいところ。

家にバカみたいに赤リップがあるのでいつかこれも記事にしたい。

 

最後にこれ。これは現在の私のベスト洗顔

ツルリ 角栓かき出し ガスールペーストN(洗顔料)

f:id:chanaoi214:20191023005125j:plain

現在、実家から盗んできた箸方のうるおい泡洗顔(660円)を使っているのですが、これがほんとぉーに可もなく不可もなしで、なんでそう思うにいたったかというと、サンプルでもらったカバーマーク洗顔料がめちゃくちゃ良かったからなんです!

f:id:chanaoi214:20191023010259j:plain

えーとっても肌がぴかぴかになる気がする!!やっぱ泥系の洗顔料いいよな、と思い、カバーマーク(本品3,000円)の1/3のお値段で買えるツルリを衝動買いしてしまった。これからは実家から盗むなどというケチな真似はせず、肌に合うものをきちんと買おう。。カバーマークは年収が3倍になったら買います。

 

いろいろ買っちゃって明日からのメイクが楽しみだ〜!

 

f:id:chanaoi214:20191023010646j:plain

最近引っ越して、家の中に良さげな写真撮れる場所がありません。

微妙な集合写真でお別れです。それではまた。

 

 

LIPSのアカウント

lipscosme.com

Twitterのアカウント

twitter.com

宝塚星組『GOD OF STARS -食聖-』紅ゆずるラストデイ感想

ライビュ観てきましたー、笑って泣いて大団円!な、もう最高のミュージカルすぎて、さゆみさんのことを好きだったひとたち、こんな演目で送り出してもらえたらもう思い残すことないだろうなっておもった!

 

星組を観るのは3回目。霧深きエルベのほとり→鎌足→食聖。今回のが一番、話としてもおもしろかったし、さゆみさんにしかできない演目!って思わせてくれる内容でとても楽しかった!!

 

紅ゆずるさん、オーラすごすぎてもう顔から光ってた。「”顔が派手”って才能なんだな」って思うひと、さゆみさんか柚香光さんくらいだ…。口が大きくて唇の形がすきだなあって思いながら見てた。口紅の形がくっきりわかる素敵なお顔!あとすっぴんだと切れ長アイなのに宝塚メイクするとほんとに目が大きくなってすごい。美人だなー、としみじみ…。

綺咲愛里さんは、今まで見た3演目とも全部演技が一緒(何やっても○○、って言われるの、あーちゃんかキムタクしか見たことない)なんだけど、とにかくめちゃくちゃかわいい。彼女が持っていたのは「ヒロイン力」なんだなと思う。それも、いわゆるガールズパワー的なヒロイン力じゃなく、素敵な男役をより素敵に見せることができるという、宝塚娘役的ヒロイン力。顔がほんとにめちゃくちゃ可愛いというのもあるけど(宝塚の品格的美しさというより、いわゆる女子アナ顔というか、マス受けする可愛さですよね)、さゆみさんとのベストカップル感がほんとにかわいい。ここ1年で見たトップコンビの中で一番”カップル”としてお似合いなのさゆあーだなって思う。基本的に寄り添いヒロインなのにレビューのときすごいキリリ顔で踊るのがギャップ。

 

演目『GOD OF STARS -食聖-』はほんとに最高の話だった!暖かいホームコメディだし、異国情緒が盛り込まれてて衣装も美術も華やかだし、さゆみさんのギャグセン大爆発だし、それに引っ張られるように星組生みんな大暴れだし、何より、初心者でもわかる、「全員当て書きか!?」って思うほど、さゆあー体制の星組全員への祝福に満ちた愛の溢れる脚本がすごかった。最後めちゃくちゃ泣いてしまった…。そもそも「GOD OD STARS」って言葉が、星組トップを務め上げたさゆみさん自身を指すすごいパワータイトルだよね。

随所に差し込まれる「こう見えても首席なんで」「お前口は悪いけど出会えてよかったよ!」っていうメタネタや、「ホンの後なんで継げないよ…」「星なんていらない、お前にくれてやる!」「絶対にお前より幸せになってやる!」っていう台詞の数々に、あ〜〜も〜〜〜〜〜!!!!!って何回も何回も思った。さゆみさんがことちゃんに渡すバトン、そしてそれを支える星組生へのエールを込めて書いた脚本なんだってすっごいわかって、めちゃくちゃ泣いた。あと、終盤で描かれた、ひっとんがことちゃんに言う「これから、仲良くしましょうね!」って台詞とか、「二人で空を飛ぼう〜」みたいな歌詞とか、も〜〜〜〜〜〜!!!!!かわい〜〜〜〜〜!!!!!って暴れだしそうだった。次期トップコンビへのエールみたいなシーンまで入れてくれるなんて出血大サービスすぎる…!きっと私がわからなかっただけで、星組をずっと見ていたひとならもっともっとオマージュやメタネタがわかるんだろうなあと思うと悔しい〜、全部のネタを解説してくれる記事とかあったら読みたい!!

舞空瞳ちゃんの役が、明確に”次期トップ娘役です!!”って感じの役なのもよかった。月組エリザベート観たとき、「さくらちゃん次期トップなのにこんなに小さい役なの!?娘役キャスティング、キツすぎる…!」って衝撃をうけたので、今回のひっとんの、メインヒロインとは全く別のとこで活躍する準ヒロイン感、とてもおいしかった。そんでもって歌も踊りも完璧すぎるし、顔もめっちゃくちゃかわいい。食聖観てるだけで、ことひとコンビかわいい〜〜〜!!ってうずうずしてしまったので、新生星組も楽しみ楽しみ。

ずっとキラキラな衣装来てた二人がこんなカジュアルな格好で大団円を迎えるの最高すぎるし、さゆあーのエプロンには「紅」、ことひとのエプロンには「礼」って書いてあるの最高すぎんか?

 

あーちゃんの衣装が全部可愛かった。ピンクのジャージ衝撃だったけどあんなに可愛く着こなせるのはあーちゃんだけ!水色のワンピースもかわいかったし、ポスタービジュアルに使われているアイドルみたいな衣装もばっちり着こなしててほんとにすごかった。そもそも髪の毛がピンクなのがすごい。超似合ってた。宝塚でこういう現代演目するとき、現代服っぽいのにちゃんと華やかな舞台衣装なのすっごくかわいいなって思う。

f:id:chanaoi214:20191017013727p:plain

f:id:chanaoi214:20191017013812p:plain

あと有沙瞳ちゃんが気になります。鎌足のときの、美しく気高い女帝の役がめちゃくちゃ印象に残っていて(マジで上手すぎてすごかった)、そこで認識した方なんですけど、今回も有沙瞳ちゃんが歌ってると一発で目がいくというか、実力が高いひとってほんとに観ててわかるんだなあ、と思いました。

星蘭ひとみちゃんもわかる。なぜならとても美人だから。今回も、アイドル役という、とにかくビジュアル重視っぽいキャラに配役されてたので静かにうなずくなどした。

専科の華形ひかるさん、鎌足のとき全然かっこよく見えなくて、「この人結構台詞多いけど若手有望株なんかいな?」とか思ってた(私の見る目のなさに爆笑)くらいなんですが、ショーで見るととてもかっこよかった!思うに、男役バッチリメイクで唇をヌードカラーじゃなくて赤とかピンクで囲ってるときのほうが100倍かっこいい。伝統的な男役像って感じで、華形さんを見てると「今わたし宝塚観てるう〜っ!!」て気持ちになれた。笑

アイリーンのお母さん役の人、すごく上手で、えー!上手だけどヒロインのお母さんてことはあーちゃんより年上なのかな!?でもすごい年上にも見えない!どうなの!?とそわそわした。音波みのりさん。別格娘役さんてやつなのかな?覚えました!

あと、この舞台のどこかに稀惺かずとくんがいるのかなぁと思ったけど、見つけられず。早く見つけたーい!!

 

あとエルベのときそこまで心惹かれなかった礼真琴さんに完全に恋に落ちた(多分エルベのフロリアン自体がそんなにタイプじゃなかった。まともな男すぎてw)。あっ、わたし、このひとのこと好きになるって食聖のときからじわじわ思ってたんだけど、サヨナラショーで女役で出てきたときとのあまりの完成度の高さと圧倒的な可愛さにぶちのめされました。か、か、かわいい〜〜〜!!!顔がかわいい上にめちゃくちゃスタイルよくて、あと歌い始めるとうわこのひと歌うまっ!て毎回思っちゃう技術の高さ。なんでもできるひとだし、けど器用貧乏とかじゃなくてほんとにキラキラしててスターだなあって思う!!アイドル的な引力もあってすっごいすてきなひと!そして多分ひっとんとのコンビの雰囲気も好きなんだと思う。礼真琴さんの愛称が定まってないのにぞわぞわしちゃうよ〜、なんて呼べばいいの??まこっつぁんって呼びたくないよ〜!もっとかわいい愛称がいいよ〜!って思っているので、一旦ことちゃんと呼ばせていただくことにします(誰への宣言だよ)。

もうほんとにほんとにほんとに女役にドキドキしてしまって、これは男の子アイドルが女装したときにドキドキする気持ちにかなり似てるなって思った。そしてことちゃんは女性なので女の子の格好がめちゃくちゃ似合うのであった!!(当たり前体操〜)いやでも、この「女性が、男役をやってるんだけど、女装で出てくる」という何回も性別の概念をひっくり返される感じ、ゾクゾクするよ〜、宝塚っておもしろい〜!あまりにもかわいい上にすらりとしてドレスが似合うし、一途に恋してきゃんきゃん泣いてる女の子役ってのもあって、うわーんことちゃんが女役やった演目観たいよー!誰か全部まとめてくれー!!と思ってたら、既に有識者の方がまとめてくださっていた。インターネットありがとう!

zuka-note.com

 

レビューからのサヨナラショーも素晴らしく…デュエットダンスであーちゃんが泣いてしまったので私も泣いてしまった。けど、笑って終わりにするっていうさゆみさんの願いどおり、爆笑する場面もたくさんあってさすがだった!紅子の独壇場、まじでトーク力やばすぎって思った。「てか台風ふざけんなよ!!!」から始まるの、さすがすぎる!客席の台詞もちゃんと拾って全部面白く返してるの、タカラジェンヌの域超えてた。「はー、すみれコードぎりぎり」ってぼやきながら銀橋を歩いてるの最高すぎたけど、さゆみさんのすごいところはどんだけ関西弁でまくしたてても、下品だってまったく思わないところ。タカラジェンヌとしての品格、トップスターとしての重厚感を鎧のように身につけた上で、あそこまで盛り上げられるんだからすごいなあ。

同期からのお花でまぁ様が出てきたとき思わず手を握ってしまった…!少し前にWOWOWで紅さん退団特集をやってたとき、副音声がまぁ様で、二人が会話してるとこ見てたので嬉しかった。(あと超個人的な思い出なんですけど、地方に住んでたときまぁ様トップ時代の宙組の舞台を観たことがあって他のスターさんより思い入れがあったので…笑)

 

食聖が星組全員の門出を祝うつくりになっていたのに対し、退団挨拶はほぼトップスターしか喋らないのが、うわあ宝塚だなって思いおこさせくれました。私は結構関係性萌えの人間なので、さゆあーや、さゆみさんことちゃんがなんかアツい会話したりしないかな?なんて思ったんだけど、マジでさゆみさんしか喋らなくて、他の退団者も「私よりもさゆみさんが退団することが寂しいです…」って口を揃える感じ、宝塚の序列をしみじみ見せつけられてんなあと思うなどした。さゆみさんがとにかく本当に宝塚を大好きで、かつて宝塚に夢をみた女の子のひとりで、そこからここまで成り上がった道のりを思うとほんとにすごいなって思う。小林一三先生にまで感謝すると思わなくて笑っちゃったw私はさゆみさんの退団会見を何回読んでも泣いてしまうので、ほんとに、ほんとに、胸がいっぱいでした。

www.sankei.com

紅は、組の思い出を「舞台の真面目さ120%の上で、遊び心を持って全力で挑む宴会」と話し、終始笑顔だった。が、組の仲間に残したいいことを聞かれると一変。「音楽学校は狭き門。入れなかった人の分の思いを背負って、舞台に立っているんだということを忘れず…」と言うと言葉に詰まり、大粒の涙をこぼし、止まらない。

 音楽学校入学前から、宝塚入りを目指し、宝塚大劇場を見るためだけにも足を運んでいた。「どれだけつらいことがあっても、宝塚の一員になれた。音楽学校時代は制服を着られるだけで、入団後は紋付きはかまを着られるだけで幸せだった」とあふれる涙が止まらない。「退団後、また入団できるならば、もう一度、入団したいと思うくらい、宝塚が大好きです」と力強く言い切った。

こんな美しい別れの言葉を紡げるさゆみさんはやっぱり生粋のタカラジェンヌだなーって思う。

 

宝塚、観れば観るほど「あの演目で○○の役をやってた人だ!」が増えて、ひとがわかってくるとどんどん解像度があがってくる感じがする。今回一緒に食聖を観た友達は「私は天寿光希さんが好きだとわかった」と連絡してきたので、「今回天寿さんそんな好きになるような役だったっけ…?」って言ったら「実は鎌足のときから結構気になっていた」と返ってきて笑った。 サヨナラショーも、ずっと観てれば観てるほど、曲や演出が意味するものが深く理解できるんだろうなあ。私まだまだ全然わからなくて、もっと知りたいよ〜、もっと意味をわかりたいよ〜って思った。

そして、ほんとに、退団までが短すぎない??認知できるほどの大きさの役をもらえてる人、大抵そのうち退団してしまう印象。スピード感がやばい。2年後くらいには全員知らない人だらけになってんじゃない??って思っちゃうんだけど、そうこうしてるうちにまた若いスターが台頭してきたりするのかな。まだまだ観たいな〜。

 

ヅカファンの人のブログを読み続けてると、なんとなーく人の名前とか覚えてきた。ヅカファンの方のブログ、「人事考察」という独特な文化があっておもしろい。あと、「お歌はこれから」とか「ビジュアルが私の好みではない」とか割と否定的なこともみんな書くのが他のジャンルであまり見かけない感じでおもしろいです(2.5次元舞台の感想ブログとかで名指しで誰かの技術を批判してるのあんまり見ない気がする)。

 

初心者にもわかりやすいむ〜さんのブログ

www.zuccazuccamu.com 

いつもとても勉強になるブログ。ジェンヌさんの名前が出てくるとき、芸名と愛称をどっちも出してくれるのと、組別で名前を色分けしてくださっているので非常にわかりやすく助かる…!

lillyssa.hatenablog.com

 

紅さん、かっこよかったなー。スターオーラってこういうことをいうんだなあと思わせてくれるとにかくビジュアルが強いクラシカルな男役さんであり、宝塚では稀に見る強烈なコメディエンヌでもあり、こんなにも個性的なスターを観ることができて幸運だったなあと思った。そしてこんなにクセが強いさゆみさんの横に立ち、さゆみさんより前に出すぎず後ろに隠れすぎず寄り添い続けられたあーちゃんはほんと相手役としてぴったりだったんだろうな。これが相性ってやつなんだろうなと思った。「さゆみさんがいなかったら私は今ここにはいません」「こんなに可愛いと思わせてくれる娘役は私には綺咲愛里だけです」って挨拶、宝物みたいな言葉だなと思ったよ。

 

紅ゆずるさん、綺咲愛里さん、輝かしい日々をありがとうございました!

礼真琴さん、舞空瞳さん、これからの舞台を楽しみにしてます!!

ありがとう、美弥るりかさん

特に宝塚に詳しいわけでも、美弥るりかさんの熱狂的ファンというわけでもないのですが、個人的に特別な思いがあるのでエントリを書きます。

 

私にとって宝塚で一番思い入れのある組は月組なのですが、それは単に「初めて観たのが月組だから」という理由です。厳密にいうと子供のとき親に連れられ別の組を観たこともあるのですが、大人になってはっきり自分の意思で「宝塚を観てみたい!」と思って観劇したのが、たまたま自分の住んでいる地方に公演に来た月組でした。

初めて観た月組は珠城りょうさん・愛希れいかさん体制に轟悠さんを加えた『長崎しぐれ坂』で、きっとそのときから美弥さんもいたんだろうけど… すみません!このトップ3人と顔がかっこいい朝美絢さんのことしか記憶にありません(おい!)。しかしそこで珠城りょうさんの圧倒的なスターオーラと包容力に魅せられて、宝塚すてき〜と思ったことを覚えています。その頃は宝塚に何組もあることとかも知らなかったし、トップスター以外の人の見分け方もわからなかった。それくらいなんにも知りませんでした。

 

その後、時はだいぶ流れ、東宝1789を観劇したあと、ヅカオタの姉を持つ友人から宝塚版1789の円盤を借りることができ、観劇。

aonticxx.hateblo.jp

その当時、TwitterのTLから「すごい人気の美形スターがいる」ということはおぼろげ感じ取っていたのですが、1789鑑賞後、明確に美弥るりかさんのことを認知しました。たしかに…これは…人気出るに決まってる!!!アルトワ伯というキャラクターが、細身で中性的な美貌のスターである美弥さんにとって当たり役だったであろうことは素人ながらにもわかり、ソロ曲『私は神だ』のあまりの美しさにひれふするしかありませんでした。

f:id:chanaoi214:20190616231941j:plain

ついでにいうと初めて宝塚の「フィナーレ」というものを観て(長崎しぐれ坂でもあったのかな??全然覚えていない…)、あんな悪役だった美弥るりかさんが王子様みたいな格好でひとり舞台に出てきたので、え?????って思いました。何かの特典映像が始まったのかな??って本気で思ったんですけど、いろいろ調べてたら、宝塚は劇パートが終わったらショーパートが始まるんだそう(場合によるのかも?)で、そこでみんな王子様みたいになって(?)歌って踊ってくれるサイコーのシステムなんだそうです。そこでも美弥さんのキラキラ王子様っぷりに目を奪われ、わ〜〜〜!!なんかよくわからんけどめちゃくちゃ輝いとる〜〜〜!!って思ってたら、最後またアルトワ伯になって「私は神と同じだアポロンだ 私が語る言葉は天の声」と美しく力強く伸びやかに歌ってくださり、目も耳も幸福で、ここだけ何回も繰り返して観ました。元々ストーリーを知っている演目だったおかげで、これを通して5人くらいのタカラジェンヌさんを認識することができるようになり、ここからいろいろ調べていくうちに、宝塚には「番手」があるということがわかってきました。

いわく、トップスターの次に目立つ人は「2番手」、その次は「3番手」…で、4〜5番目くらいまでは決まっていて(多分)、娘役さんにはこの番手システムはないもようです(多分)。普通のドラマや演劇は、キャラや雰囲気に合う役者をキャステイングしていくと思うんですけど、宝塚は何があろうと主役はトップスターで、その次にセリフが多い役は2番手…という決め方をするという、世にも珍しい配役システムだったのです!!!(今となっては当たり前に思えるけど、当時はまあまあ衝撃だった。)

そして1789のときは3番手だった美弥さんが、現在2番手にあがっていること、しかしそれは1789のとき4番手だった珠城さんが大抜擢でトップになったからだ、という、少々複雑っぽい事情も知ることになります。何があったのかとかは全然知らないんですけど、調べれば調べるほど「美弥さんはマジで人気」ということもわかってきて、次は美弥さんがトップになるのかしら〜と思ったりしたのでした。

 

私が個人的に美弥さんに一番感謝しているのは『エリザベート』を観たからです。

f:id:chanaoi214:20190616235254p:plain

エリザベート』というミュージカルは、地方にも公演に来るくらいの代表的なミュージカルで、地方在住だった子供の頃から東宝版を何回か観劇したことがありました。歌も好き、衣装も好き、世界観も好きで、だからこそ自分が好きな月組エリザベートをやるとわかったときは嬉しかったです。ライブビューイングで鑑賞したのですが、珠城さんもちゃぴさんも本当に美しくてすごかった。

で、今まで何度も観たエリザベートなのに、初めての感想を持ちました。生まれて初めてフランツに感情移入している自分に気づいたのです。美弥さんとちゃぴさんの『夜のボート』の切なさを今でも覚えています。

「あまりに 多くを望みすぎるよ」

「少なすぎるわ」

「人生のゴールは寄り添いたい」

「2つのゴールよ」

「「一度私の目で見てくれたら あなたの誤解も解けるでしょう…」」

私は子どものときにエリザベートを観てからずっと、「私もトート閣下に愛されたい!」「ゾフィーみたいなお義母さんいやだな」「世の中は制約だらけだから、世の女性はシシィの『私の命は私のもの』という咆哮に共感するんだわ」とか思っていて、そういう感想のひとつに、「フランツはマザコンで自分勝手すぎる」というものがありました。「嫁と母親が喧嘩してるときに母親の肩を持つなよ!!!」とずっとむかついていて、トートとフランツを比べたら圧倒的にトートがかっこいいと思っていました(今でもトートの方が好き)。

ですが初めて観た宝塚版エリザベートで、「フランツも孤独」というのが痛いほど伝わってきて、だから『夜のボート』があんまりにも切なくてつらかった。このミュージカルは全体を通してシシィの孤独の物語なんだけど、生まれて初めてフランツの複雑な立場や、シシィを心から好きで愛していることなんかも、本当の意味でわかった気がして、それは美弥さんの芝居のうまさのおかげだなとしみじみ思いました。そしてこれはきっと「女性が男役を演じる宝塚だから」なんだとわかってハッとしました。フランツのマザコン感って、男性が演じていると「ほんとこういう男ヤダ」に帰結してしまうんだけど、女性がそれを演じていると「シシィのことは愛しているんだけど色々とうまくできなくて心がすれ違う」というやりきれなさに昇華されるような気がして、なんだか宝塚の凄さを思い知ったような気がしました。”女性が理想だと思う男性像”を女性が演じる世界、それが宝塚で、マザコンに見えていた男も「ヒロインのことを愛している、が根底にある」とびしばし伝わってきて、同じ演目なのに見方が変わる感覚がおもしろかった。最後にフランツがトートに「お前は、エリザベートから愛を拒絶されるのを恐れているだけだ!」と突きつけるセリフがあるのですが、そこのフランツがよすぎて、生まれて初めて「エリザベートは三角関係の話なんだ!!」と思ったのでした。東宝版だとフランツのこと、トートとエリザベートの愛の前に太刀打ちできない弱キャラだと思ってたから…笑

そういう、宝塚の醍醐味、男役の凄さを教えてくれたのが美弥るりかさんでした。宝塚でエリザベートを観ることができて本当によかったし、少女漫画脳の私を宝塚の世界観にめろめろにさせたのもきっと美弥るりかさんのフランツだったと思います。

 

退団公演『夢幻無双』『クルンテープ 天使の都』はライビュで観劇しました。最初に佐々木小次郎が現れるシーン、美しすぎて妖精かと思った。

クルンテープでは珠城さんと二人のデュエットがあり… ”私たちの関係は私たちにしかわからない”、その言葉がすべてだと本当に思って、いろいろ読み解きたくなったり、想像したくなったりするけど、理解されるのを拒んだ美弥さんの気持ちを尊重したいと私は思って、この美しさと優しさと深い愛を、ただただ目に焼きつけようと思った。

『長崎しぐれ坂』を観劇してから約2年、その間にちょこちょこ他の組も覗き見したけど、どこの組のトップと2番手も、珠城さんと美弥さんのような関係性ではないのだなぁとにわかながらに思った。珠城さんと美弥さんは、大抜擢の後輩&大器晩成型の先輩であり、大柄&細身であり、王道をいく一本気&個性派なゆるかわであり、いろいろと真逆のふたりで、そんなふたりが真ん中に立つ月組は本当に魅力的で素敵だったな、と思った。宝塚の番手システムは面白いし、番手がついていたからこそ美弥さんのことを知れたけど、ジャニヲタ村出身の私には、この二人は違う場所でステージに立ってたらシンメ的な関係だったかもな……ってなんとなく思った。けど、宝塚のスター序列システムに立ったからこそ輝いた二人だと思うから、全部くだらない空想。

 

最初に観た月組が珠城りょうさん・愛希れいかさん・美弥るりかさん体制の月組だったから、私の思う月組はここで一旦新章突入だと思った。珠城さんのことを好きだからこれからも月組を観たいけれど、美弥さんのいない月組が私には想像できないな。

 

美弥るりかさんは私が初めて「トップスター以外で認知したタカラジェンヌ」だし、「この人がトップになるかも、なってほしい」という気持ちで宝塚を観劇し始めるきっかけになったひとだった。だからトップにならずに卒業すると決まったときは、正直、複雑な気持ちになったと思う。けど、退団公演の美弥さんの完成された美しさを観ながら、宝塚のスター序列システムのパワーを反射して輝いたひとだと思いながらも、順番なんて無力に思えるほど本当に唯一無二のスターだったと心の底から思った。真ん中に立っていても、真ん中にいる人の横に立っていても、もしかしたらたくさんの人ごみにまぎれていても、美弥さんを好きな人は美弥さんを見つけられる、美弥さんの個性的な美しさは誰かと比較なんてしなくても輝きを放つということを、美弥さんは板の上で証明してくれて、本当にすごいスターだったんだなあと思った。

 

 

美弥るりかさん、長い長い宝塚人生、おつかれさまでした。宝塚の男役だからすきになったひとだけど、今後どういった人生を歩もうときっとあなたのことをずっとすきだし、応援します!すてきな時間を、愛を、ありがとうございました。

 

 

 

Twitterはこちら

twitter.com

いつか自分の物語になる/映画『長いお別れ』を観ました

この世でこの映画をこんなに楽しみに待ってたの私くらいじゃない!?と思うほど楽しみに待っていた映画『長いお別れ』、とうとう公開になったので観てきました!予想通りすごくよくて、2時間ずーーっとダラダラ泣いた。

nagaiowakare.asmik-ace.co.jp

なんでこの映画をこんなに楽しみにしていたかというと、昨年夏頃に原作小説を読んで、めちゃくちゃ感動したからです。感動したし、好きな物語だと思ったので、これを映像で早く観たい!!とわくわくしていました。 

長いお別れ (文春文庫)

長いお別れ (文春文庫)

 

 

 

 

映画はほとんど原作と同じエピソードをなぞりつつ、それでいてよりエンターテイメントに仕立て上げようとする細かい伏線(若干あざといくらいの)も入ってたんだけど、それでも私が小説で感じた「家族と看病」のリアルさ、おかしさと切なさ、終わり方の美しさをきちんと描いてくれていたので、大満足でした!くしくも蒼井優さんがご結婚を発表された日で、なんか「優ちゃんおめでと〜!」って気持ちになりながら観た。こんな素敵な映画観たら誰だって蒼井優さんが結婚したの、近所のお姉ちゃんが結婚したみたいな気持ちで嬉しくなっちゃうよ〜。

ちなみにこの映画で蒼井優さんの両親役を演じたおふたりが、”親”目線でコメントを寄せてたの素敵すぎ。

www.cinemacafe.net

 

竹内結子さんと蒼井優さんの姉妹かわいかったー!二人ともがんばりやさんで応援したくなっちゃう。あのお母さんが育てたらこんなかわいくて不器用で魅力的な女の子ふたりが育つのわかるなあって思いながら観てた。女優さんおふたりも仲良くなったようで何より!

www.cinemacafe.net

otekomachi.yomiuri.co.jp

この衣装のおふたり、すごくかわいい!!正統派美人の竹内さんが姉で、個性派美人の蒼井さんが妹なのめちゃくちゃかわいい。

姉・麻里ちゃんがアメリカに住んでるっていう設定、小説のときからすごく好きで、なんでかっていうと介護における「誰が面倒をみるのか問題」を浮き彫りにするから。「現実問題として旦那が海外赴任なんだから仕方ないじゃんか!」みたいな、実際に起こりうる出来事を浮かび上がらせる。一方で妹の芙美ちゃんがフリーランスなのも「何かあったら仕事の都合つけられるんでしょ」「そういうことじゃないんだってば!」みたいなことが想像できて、とってもリアル。

そして母・曜子さん役の松原智恵子さん、めちゃくちゃかわいかったー!おっとりしてて、でも意外と自分の芯があるみたいなおばあちゃん。家の固定電話の前に家族の電話番号をチラシの裏に大きくメモって貼ってるの、リアルすぎて笑った。私の母方の祖母がまさにこんな感じの人で、家族が何よりも大切で、ボケかけてる祖父(祖母にとっての夫)を甲斐甲斐しく面倒をみているおっとりしっかりおばあちゃんなので、あ〜〜〜こういうおばあちゃんわかる〜〜〜って思いながらみてた。

父・山崎努さんの演技は圧倒的。認知症の老人の歩き方、ものの食べ方、口の動かし方など本当にリアルですごかった。「原作を読んでいる時、この役のオファーが来るのではないかとの変な予感がありました」と本人が語っているほどの、運命のはまり役。

 

認知症が進行していく父のことを考えながら、姉妹が自分とパートナーとの関係を見つめ直していくのもとても丁寧に描写されていて、家族って問題は山盛りなのに自分と切り離せなくて、そこにはむかつくこともも愛情もわんさかあって、あー、なんか…死ぬまでなんだかんだでいっしょにいるんだよな、って思うとどうしようもなくて笑っちゃうみたいな。むつかしいけど、家族っていうほど悪いもんでもない…と、思う瞬間もあるよね、みたいな。

小説のときからラストシーンが本当に好きだったので、このシーンをそのまま映画にしてくれてて嬉しかった!妻と娘たちの介護を描き続けた中、彼女たちの父との別れを直接描かず、アメリカ在住である孫の崇が別れを語る終わり方なの本当に素晴らしいと思った。反抗期で、母親とはろくに口を聞かなくなったような崇が、個人的な思い出に基づいて、曜子や麻里や芙美とは違う意味合いで、家族として祖父のことを遠い異国から想っていたのだと。こんなに離れててそんなに会ってなくても、家族って家族なんだよな。

 

この小説・映画の優れているところは、自分の家族の経験を語りたくなるところだと思っていて、この物語はフィクションなんだけど、どこか「自分の物語」のように感じられる。私は2年前に亡くなった父方の祖父のことを思い出しながらこの物語を観ていました。

私はどっちかというと家族に愛着はないほうだと思っていて、家族と離れたくて上京した人間なので、祖父の死を体験していなかったらこの映画をそんなに好きにならなかったかも。でも、一度経験するのとしないのとじゃ家族との距離感も大きく変わるんだなあ、と身をもって体験したのが祖父の死という経験だったので、その経験を経てこの物語と出会えたのは幸運でした。この先自分が老いていくにつれて、どんどん家族が死んでいくんだなあ。まだ20代の私には全然実感が湧かないけれど、人が死ぬのは避けられないことで、それが人生で、だからみんなその死と向き合いつつ、自分の日常は進んでいくので自分の人生とも向き合い続けていくんですね。

 

最後に自分の経験を書きます。

祖父が亡くなったのは急で、この物語のように何年もかけてお別れの準備をしたわけではありませんでした。「なんか腰痛で入院したらしい」と聞いてから1ヶ月半後には死んじゃって、びっくりしたのを覚えています。

こんなにすぐ死んじゃうと思ってなかったから、祖父とそんなに話すことないし、母が嫁だからってお世話しに病院に行っているのを見るのもなんかいやだったし、当時とにかく仕事が忙しかったし…と色々、お見舞いにいかない理由はいくらでもあって、あんまり行かなかった。けど、「腰痛」で入院してたはずの祖父が、「実は腰から変なバイ菌が臓器に入っちゃったらしい」になり、「寝たきりでヒマだからかボケてきちゃって」になり、「おじいちゃん喋れなくなってきちゃってんだよね」になり、「おじいちゃんもう退院できないかもしれなくて、パパが落ち込んでるの」になり…

そんな日々のなかでも私たちの日常は続くのでおかしいことも起きたりして。まだ祖父が死んでもいないのに、祖母がせっかちすぎて葬式の準備を進め始め、「孫代表でお別れの言葉を読んで。こんなふうに」となぜか雛形を祖母が先に書いて渡してくる事件が起きたり。それを見て父が「不謹慎すぎる!!」とキレたり。家族ってめんどくさいってたくさん思った(笑)

最後にお見舞いにいった日曜の夜2時、母に起こされ、「おじいちゃん死んじゃったって。今から病院に行くよ」って言われて、家族でタクシーに乗って病院に行った。お昼時に病室に集まっていた叔母、叔父、いとこたちでまた病院に集結し、そのとき何を話したか覚えてないけど、反抗期のJKだった従姉妹が一番泣いていたのは覚えている。

朝方一旦解散になり、お通夜するからって父たちは色々手続きのために祖父母の家に集まり、私は一旦会社に行って、3日間忌引きで休むので今週の仕事のこれとこれとこれ引き継ぎお願いします!!とメールだけして、お昼過ぎに会社を出た。確かその足で喪服を買ったような気がする。普通の月曜日なのに、急にすごく非日常だった。

父のことを見直した3日間でもあった。私にとっての父は、家でずっとゲームばっかしてるヤツで、ムカつくことも結構ある人だったんだけど、喪主をつとめて葬儀屋やら寺やらとしっかり話をして葬儀を無事に終えた父の社会人としての真っ当さを目の当たりにしてびっくりした。「だってめちゃくちゃ人の葬式行ってるもん(笑)」と言っていたサラリーマン父、人としてちゃんとしててすげーー!!って思った。長男の父がおじ(父の弟)やおば(父の妹)との遺産のこととかもちゃんととりまとめたらしく、父すごいって思うのとともに、私にとっては叔父や叔母であるこのひとたち、父にとっては弟と妹なんだな〜このひとたち三兄弟なんだな〜って妙な感慨にひたった。葬式の前日は祖父の遺体を安置している部屋に三兄弟で寝泊まりしてて、かわいいなって思った(けど、おばの夫が、おばのことを好きすぎるという理由で三兄弟水入らずの夜に一緒に寝泊まりしたらしくて、そこにお前入んのかよ!wっていう… 物語のように完璧には進まないところも家族のめんどくささだなって思った。愛。)

お葬式の日も、焼香のときに4歳の従兄弟が爆睡したり、普通は手に持つ位牌を祖母が「邪魔だから」という理由で紙袋に入れて持ち運んだり、めちゃくちゃなことがたくさん起きておもしろかった。人が死んでるのにおもしろいことって起きるんだなーって思ったし、これは本当に体験してみないとわからないことだと思った。

それまで私は、祖父母が死のうが両親が死のうが私は私だし私の人生には影響ないって思ってるタイプだったんだけど、3日間仕事から離れ親族とずっといっしょに過ごしたとき、「家族からがんばって離れて生きなくてもいいな」ってわりと心から思ったのだった。仕事に忙殺されていてたまの息抜きはインターネットだけの日々になると、「要介護になったら施設に入れるべきだ!」「社会の役に立たない人間は見捨てるべきだ!」…のような、合理的っぽい極論で溢れているように感じてしまうけど、意外と現実世界って(親がいない人と親と絶縁してる人以外にとっては)「家族」って自分ごとで、そこには理屈だけじゃなく、愛とか情とかで成り立ってるもの多いんだなって気づくし、それって全然悪いことじゃない。家族に縛られて生きていく必要なんてないけど、そもそも誰かと愛し合って助け合って生きていく方が生きやすいから家族という構成単位が必要なわけだし。めんどくさいことも多いけど、とりあえず私には、家族がいてラッキーだなって思ったのだった。

当時4歳だった従兄弟は、小学生になった今でも祖父の入院していた病院の前を通ると「おじいちゃんのとこ」っていう。死んだことまでは理解できていなくても 、でも、彼は祖父のことを個人的な思い出として覚えているんだなって思う。崇と祖父のラストシーンになんとなく重なるような、私の個人的な体験。

 

 

Twitterアカウントはこちら

twitter.com

Filmarksはじめました

filmarks.com

Linktreeつくってみました

linktr.ee